伊予西条にて

神戸、愛媛と、連続個展で怒涛の作品制作の日々。
気がついたら季節はすっかり冬ですね。

昨日でギャラリーラボでの展示も無事終了しました。
会場にお越しいただいた皆様、遠方からお問い合わせいただいた皆様、
ありがとうございました。

今回は二泊三日で四国伊予西条へ行ってまいりました。
初日の夜、恒例となっている酒器の会。
今回も企画のIさん秘蔵の酒器がずらりと勢揃い。
古備前、常滑、黒高麗、粉青沙器、須恵器、etc..
夜半過ぎまで宴会は続いた。

朝、在廊まで時間があるので西条の街を歩いてみる。すっかり寂れたアーケード。午前9時を過ぎているとはいえ、開いている店がほとんどない。(意外にもあの志野の先達もこのシャッター通りがお好きで、朝、必ず散歩するとのこと。)仕方なく愛媛民藝館というところ目指して歩いてみる。民藝館では丁寧にお茶とお菓子を出してくれた。蔵を改造した建物は上品で雰囲気が良かったが、そのすぐお隣の郷土博物館の方がむしろ印象に残った。

工芸品やら火縄銃、希少鉱物、二階の気持ち悪いホルマリン漬けまで、とにかくあるものすべてをぶちこんだ雑多な展示は、その洋館的建築と相まって、ある種不気味とも言える空間を現出させていた。

ふと、もう20年以上前に、備前焼の陶芸家、和仁栄幸さんに連れて行ってもらった津山科学教育博物館を思い出したのだった。(和仁さん、しばらくお会いしていないが、お元気だろうか?)

二日間の在廊の中で、今回も企画のIさんとたくさんお話できた。
特に、窯の構造と、窯焚きについてのお話は、ほんとうに参考になるものばかりだった。

薪窯の自作について考え始めると、堂々巡りで、なかなか方向性が定まらなかったが、Iさんのお話を伺う中で、少しづつイメージを固めることが出来た。

これから作る自分の薪窯のイメージは、当初、思い描いていたものからすると、随分と違う形に変化してしまったが、それでもようやく一つの道筋を得ることが出来たように思う。

そして今日、かねてから手に入れたかった本が届いた。

『瀬戸市史 陶磁史篇1~5』

古い本だが、単なる瀬戸の郷土資料としてだけではなく、古いやきものを学ぶ者の必携の書、とも言うべき濃密な内容ではないだろうか。古窯の図面も充実していて、これからの窯作りの参考としても、少しづつ読み進めたい。

新作酒器展@名古屋・伊藤美術店

告知が遅くなりました。昨日14日より名古屋市の伊藤美術店にて、
酒器展に参加しております。お近くの方、どうぞよろしくお願い致します。

 新作酒器展 12月14日~25日

岸野寛 川端健太郎 瀧川恵美子 鈴木健 
鈴木都 鈴木伸治 深見文紀 若尾経 若尾誠

酒器展@金沢・茫茫屋

告知が遅くなりました。
金沢市のギャラリー、茫茫屋にて、恒例の酒器展に参加いたします。
北陸の皆様、どうぞよろしくお願い致します。

酒器展  
2019年12月7日(土)−12月26日(木) 会期中休み:12月12日(木)、19日(木)

http://www.boboya-kanazawa.com/shuki-sake-vessels-2019.html

【出展作家】

荒谷 翔  池田 省吾  今井 完眞  今泉 毅  加藤 委  金重 有邦
今 千春  鈴木 都  竹田 みずほ  陶工房 斿  中川 恭平  中田 雅巳
古谷 宣幸  古松 淳志  丸田 宗彦  森本 良信  安永 頼山  横山 拓也  他. (五十音順、敬称略)

茫茫屋

〒920−0925
石川県金沢市天神町1−18−8サクセスミニアム1F
TEL:076-222-2123
営業時間:11:00-19:00
定休日:水曜日・木曜日


最後の窯

個展まで日数はないが、最後の窯を出した。
少し釉をいじったので、合わせて焼きを変える。
釉によっては失敗したものもあったが、まずまず良いものがとれたかな。

週末は伊予西条へ参ります。

個展@愛媛・Gallery Labo

毎度のことながら、告知が遅くなりました。
愛媛県西条市にあるギャラリーラボにて、2回目となる個展をいたします。
初日、2日目と、在廊いたします。
四国の皆様、どうぞよろしくお願い致します。
また会期中にはWEBでも作品紹介をいただけるとのことですので、
ご高覧いただければ幸いです。

https://gallerylabo.jp/ja/exhibition/18236/

鈴木都展
2019年12月7日(土)~12月15日(日)

Gallery Labo(ギャラリーラボ)
〒793-0030 愛媛県西条市大町708−3
TEL:0897-47-3207
MAIL: labo@ishizuchicorp.co.jp
営業時間 11:00~18:30 水曜定休




冷たい志野

朝、早速窯の蓋を開ける。
一晩経ったのに熾火はまだ残っている模様。
熱々の状態を火挟で引っ張り出してみる。

果たして湿気の影響があったのかどうかは、わからずじまいだったが、よく灰が被り、面白い焼けではあった。

これは少し前から「鼠志野」として出している一群。
ビードロがのり、所々緑がかったグレー、氷のような微細な貫入。
今回は特にビードロのグリーンが強めに出た。
灰鼠志野?曇志野?霰志野?
ネーミングはなんでもいいが、緋色の呪縛から解き放たれた、冷たい色の志野もいいかもしれない、と思えてきた。

お久しぶりです

久々のブログ投稿です。
コメントの返信など遅くなってしまい大変失礼致しました。

さて、二年ぶりとなった東京個展ですが、無事、盛況のうちに会期を了えることができました。ご来場いただいた皆様、遠方からお問い合わせいただいた皆様、ありがとうございました。

休む暇もなく、次回の個展へ向け、作品作りの毎日が続いております。

今日はミニ窯を久々に焚いた。しばらく焚いていなかったので(覆っていたブルーシートが劣化して水がすっかり染み込んでいたようだ。)、湿気がこもって恐ろしく温度の上がりが悪い。終始、湯気を立てながらの窯焚きとなった。
湿気が焼き上がりに良い効果をもたらすという話はよく耳にする。その意味ではまるで蒸し焼きのような状態だった今回の窯焚き、果たして結果はどうなることやら?

寒くなってきて、夜はお家でくつろぐことが多くなった最近の二匹。相変わらず仲は悪いです。

印刷屋から届いた神戸のDM。今回はセルフ撮影&デザインでいきました。経費削減のためにも、きっとこの先、作家はなんでも自分でやらなければならなくなってくるんだろうな。。音楽の世界と同じく、インディーズの時代が来ているのでは?

個展@大丸神戸店・アートギャラリー

今月13日より、大丸神戸店7階アートギャラリーにて、初めての個展をさせていただきます。神戸といえば、数年前の二人展以来久々の展示です。16日土曜日から在廊し、最終日までおりますので、お近くの方は是非。

鈴木都 陶展

会場:大丸神戸店7階アートギャラリー
会期:11月13日(水)〜19日(火)
10:00-20:00(最終日は17:00閉場)

〒650-0037 神戸市中央区明石町40番地
電話 078-331-8121

ぐいのみ展@江南・ギャラリー数寄

告知が遅くなりました。明日より愛知県江南市のギャラリー数寄にて、
20周年企画「ぐいのみ展」に参加致します。
今回はDMにも載せていただきました。お近くの方、どうぞよろしくお願い致します。

20周年企画「ぐいのみ展」


ギャラリー数寄

http://www.gallerysuki.com/
〒483-8061 愛知県江南市高屋町清水105番地
TEL (0587)-52-6172
FAX (0587)-52-6173

送り出した

今週末27日金曜日から、いよいよ二年ぶりの東京個展。
今日ようやく作品を送り出した。
わたしは当日の朝に、東京へ向かいます。

追い込みでガス、電気、灯油と、3窯同時窯焚きなど、
大忙しだったが、今は少しホッと一息。
色々と試行錯誤した中で、苦しんだ準備期間だったが、どうにか形になったのではないかと思う。今回は特に赤志野作品が中心になっています。ご高覧いただければ幸いです。

しかしブログの更新も本当に久々だ。忙しさにかまけて、サーバー契約の更新を忘れたりもした(二回目。)

さて、前の記事の続き。長い療養を経て、キブシは完全に回復しました。
しっぽは以前の半分に切断されてしまったものの、ぶくぶく太って、毎日モグにちょっかいをかけるなど、元気いっぱいです。